組織活動発表大会

第2ブロック JA東京むさし 小平地区青壮年部
発表者 肥沼 好一(こいぬま よしかず)
テーマ いろいろやってます小平農業〜都市農業奮闘中〜
第3ブロック JA東京あおば 石神井地区青壮年部
発表者 渡辺 正(わたなべ だだし)
テーマ 青壮年部7年間の歩み
第3ブロック JA東京スマイル 江戸川地区青年部
発表者 越塚 弘(こしづか ひろし)
テーマ コラボレーション〜地域活力向上のために〜

平成16年度 JA青壮年組織活動発表大会 要領

1.発表内容 JA青壮年組織の強化に向けた組織全体としての組織的な取組みなど活動の活発化について他の模範となり、今後の発展性が期待される事例。特に、消費者・次世代等地域社会との共生と地域農業及びJA運動への具体的な取組みや参画を重視する。
2.発表時間 1組織15分以内とする。
なお、次の補助機材を使用できる。
@スライドの場合 35mmスライド(横長)とし、スライドのマウントはプラスチック製のものを使用する。
Aパソコンの場合 パソコンのソフトは、Windowsのパワーポイントを使用し、MOまたはCD-Rとする。なお、あくまでも発表大会であるので、機器等による音声の発表は認めない。但し、舞台演技や機器以外の効果音については、その限りでない。
3.表彰 最優秀賞(東京都産業労働局長賞:1組織)
優秀賞(JA都青協委員長賞:2組織)
特別賞(栄養改善普及会長賞もしくは東京都生活協同組合連合会長賞:1組織)
なお、最優秀賞の受賞祖織は関東甲信越大会に出場する。
4.審査 東京都、栄養改善普及会、中央会、連合会、関係団体が審査にあたり、その基準は次の通りとする。
(1)発表内容 80点 @地域農業・社会、JA活動との関連性 30点
A祖織活動の成果と発展性 50点
(2)発表方法 20点(発表態度と技術)
(3)制限時間 発表時間は15分とし、13分に第1鈴、15分に第2鈴を告げ17分で発表を打ち切る。
15分を越えた場合は1分につき2点の減点を行う。