小平梨の歴史
 昭和20年の初め、米や麦をたくさん作っている時に、梨を作ることはたいへんむずかしいことでした。しかし、市内大沼町の農家のひとりが勇気を出して昭和22年の秋に梨作りの第一歩をふみだしました。
 この人は皆さんに喜んでもらえるおいしい梨を作るため、研究栽培を続けました。そして、小平市の土に適した3種類(菊水、長十郎、二十世紀)ほどの梨の苗を10アール(およそ992u)の畑に植えました
その後、ひとり、ふたりと植える人が増え、昭和30年ごろには町役場
の世話で組合も結成され、皆さんにおいしい梨を食べていただけるまでに成長してきました。
 今では、市内に梨園が11ha、作っている人が40名ほどになり、「小平梨」として多くの人に利用されています。
戻る